その他色々

ちょっとした小技集③

週を持越しした取引について

一日でも持ち越した取引は塩漬けと言います。
これはあまりいい状態とは言えません。
FX自動売買プログラムを行っていると、平日の持越しはよくある事です。
でも沢山のポジションを持ったまま、持ち越すのは本当に不安です。

平日の塩漬けならいいですが、週塩漬けや年末年始塩漬けは本当に不安です。
土日に大規模なテロや、各国の大統領が重要な発言おこなったり、地政学的リスクや大きな出来事が起きると、明けの相場は暴騰・暴落で大混乱してしまい大損してしまう可能性が出てきます。
そうなってしまうといつ戻るのか見当もつきませんし、取引スタート時とんでもないところから始まるケースもあります。
高性能のFX自動売買プログラムに任せっきりですが、出来る事があるならばリスク減らせたいですよね?

そこで今回私がお話しするのは週末(金曜深夜)の手仕舞いです。
手仕舞いとは、FX取引で保有していたポジションを決済することです。

金曜深夜あたりになってくると、相場の動きも落ち着いてきます。
そうです。勝っているうち・少しでも負けが少ないうちに決済してしまう事です。
REDはそのまま土曜早朝まで回していることも多いですが、回して後悔することも多いです。
ロスカットは喰らっていませんが、沢山のポジションを持ったまま、週末を迎えるのは何回やってもやはり憂鬱です。
少しでもリスクを減らそうという方は有効だと思います。

こちらはお馴染みのMT4とFX自動売買プログラムの画像になります。
上側の真ん中よりやや左(ヘルプのした)に自動売買スイッチ(緑)があります。

自動売買ON画像

拡大図です。自動売買スイッチが押されている状態で、丸緑の右向き矢印表示になっています。
この状態が売りも買いも自動で行う状態です。
(最初に回した時、ポジション持たないと不思議に思っていたら、このスイッチがOFFになっていることがあるかもです)
金曜深夜相場の動きが落ち着いてきて、ほんの少し儲け・プラマイゼロ・納得が出来るほんの少しの負けになったら実行です。(勿論勝っているものを利確するのもです。)

 

自動売買OFF画像

この様に赤表示にして自動売買をOFFにします。
こうすると当然ですが、売りも買いも出来なくなります。(手動がミソです)

そして少しでも損が少ないタイミングを見計らって、✖をクリックし強制決済します。
全ての取引を決済して完了となります。

そこで注意したいことが2点あります。

①沢山ポジションを持っていたり、大幅に負けている時は行わない方が良いと思います。
高性能なFX自動売買プログラムに頑張ってもらいましょう。

②自動売買スイッチをOFFにしないと、手動決済後ポジションを持つ可能性があります。
必ずOFFにしてから実行してください。

これはあくまでRED個人が感じたことであり、推奨するわけではありません。
毎週ポジションが無い週末は快適かな?と思い、ポジション少ない時や時間がある時だけやっています。
殆どが週塩漬けになっていますね。正直(;^_^A