その他色々

multibeat(マルチビート)設置方法

これも設置簡単♪

口座開設後、REDに口座番号お伝えください。(メール・LINE)
口座開設の確認が取れましたら、LINE公式アカウントを使用し、zipファイルをお渡しします。
※zipファイルなので解凍ソフトをお持ちでない方はコチラからDL

解凍画像

インストール時は誤作動の恐れがあるので、他のプログラムやウィンドウは閉じてください。
特にMT4は絶対に閉じてください。

ここからはサクサク行きますよ~

multibeatインスト画像1
multibeatインスト画像2
multibeatインスト画像3
multibeatインスト画像4
multibeatインスト画像5

multibeatを設定しよう!

ここからチェックをし忘れると、正常動作しない恐れがあるので注意深くセットアップしましょう(^^♪

まずはMT4を起動させる。
ツールタブのオプションをクリック。
オプション内エキスパートアドバイザタブ内の自動売買を許可するDLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)にそれぞれチェックが入っているか確認する。
※入っていなければチェックを入れ、MT4を再起動させる。

multibeat設定画像1
multibeat設定画面2

ファイルタブクリックして、新規チャートをクリックします。
EURCHFとUSDCADをクリックしてウィンドウを2つ出します

multibeat設定画像
multibeat設定画像
multibeat設定画像

そのままの1時間足では使用出来ないので、時間足設定を行います。

multibeat設定画像

EURCHFウィンドウを選択しM5をクリック。
USDCADウィンドウを選択しM5をクリック。
それぞれのウィンドウがM5に変更されていればOK。


表示タブのナビゲーター(N)をクリック。

multibeat設定画像
multibeat設定画像

先程インストールされたMultiBeatがあるので、それぞれのウィンドウにドラッグアンドドロップもしくはそれぞれのウィンドウを選択しダブルクリックする。
各ウィンドウ上にポインタを置いて右クリックすると下画像の様になります。

maruti設定画像

multibeatインストールが成功しましたら、詳細設定に移ります。
エキスパートアドバイザをクリックします。
※ここの設定をしっかりしないと動きません。
エキスパートアドバイザの設定を開きます。

maruti設定画像

全般タブ内の・・・

自動売買を許可する。
DLLの使用を許可する
外部エキスパートの使用を許可する
のチェックが入っているか確実にチェックする。

設定確認しOK押し。

multi設定画像

パラメーターの入力タブ内の・・・
MMをfalseにします。
First_Lotが初期値で0.1になっている場合があります。
0.1初期なら負ければ5万円位、あっという間に無くなります。
自身の適正なロットへ確実に変更してください。
Magic_Numberはそのままでもいいですが、REDは下3桁を111や222などに変更しています。必ず2つのウィンドウナンバーを同じにして下さい。

設定確認しOK押し。


maruti設定画像

上記画像の自動売買が緑になっている事を確認(赤だと停止中)

maruti設定画像

 

左側のActiveと右側のニッコリマーク確認して下さい。
※EURCHFとUSDCADのウィンドウ2つともです。

以上でmultibeat設置終了になります。
大変お疲れさまでした(^^)/

 

FXは投資であくまで自己責任で行うものです。
自動売買も必ず生活に困らない余剰金で実施して下さい。
証拠金ショートに対する問い合わせや、クレームはお受けしておりませんので、ご了承下さい。